Event is FINISHED

文化庁メディア芸術祭海外参加事業報告会 「チリ・メディアアート・ビエンナーレとALMAレジデンスー地球の反対側のメディアアート文化」

Description

文化庁では、メディア芸術の創造と発展を図ることを目的に、文化庁メディア芸術祭受賞作品を中心に優れたメディア芸術作品を国内外で広く紹介しています。本年度は世界18のフェスティバル及び施設にて展示、講演、上映等を行います。

本シンポジウムでは、チリのアートフェスティバル「第12回チリ・メディアアート・ビエンナーレ」で実施した企画展[The quick brown foxp2 jumps over the lazy media.(すばしっこい茶色の言語遺伝子はのろまなメディアを飛び越える)]の模様とその成果を、企画ディレクターと出展作家からご紹介します。また、同時期に行われた、チリ・アタカマ砂漠「ALMA天文台」での企画ディレクターによるレジデンス制作についてもご報告します。

出演:

久保田 晃弘(企画担当ディレクター/多摩美術大学教授/アーティスト)

石橋 友也(アーティスト)

五島 一浩(アーティスト)

エンリケ・リベラ(第12回チリ・メディアアート・ビエンナーレ・キュレーター[ビデオメッセージ])


定員:250名(定員に達し次第受付を終了させていただきます)。

※プログラムの構成および内容は変更になる場合がございます。


<第19回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展>

会期:2016年2月3日(水)〜2月14日(日)

会場:国立新美術館、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、スーパー・デラックス、セルバンテス文化センター東京

展示の詳細やイベント情報については下記フェスティバルサイトをご覧ください。

URL http://festival.j-mediaarts.jp

Event Timeline
Sun Feb 7, 2016
11:00 AM - 12:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
無料チケット

On sale until Feb 6, 2016, 5:00:00 PM

Venue Address
東京都港区六本木7-22-2 Japan
Directions
東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)、都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分、東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から 徒歩約5分
Organizer
文化庁メディア芸術祭20周年企画展
6,411 Followers